貸し会議室に用途は問われないので目的に応じて選べますから是非ご検討ください

貸し会議室とは言いますが、会議をしなくても借りることはできます。法律や会場の規則、社会的通念に反しない限り、基本的に用途は問われません。レンタルオフィス的な利用方法も可能です。

■もちろん会議に使えます
会議室ですから、当然会議に使えます。人数に応じてスペースを選べますし、お茶や軽食も頼めます。コピーサービスを請け負うケースもあります。事前に相談すれば、様々なメリットがありますよ。

■会社説明会に使えます
募集説明会など、一時的に人数が多くなりそうな場面もあります。その時にも貸し会議室は有効です。1時間から24時間、日にちを跨いだ予約もできます。数日かかるセミナーなどでも、荷物をそのまま置いておくことができます。深夜の利用も可能です。

■覆面座談会に使えます
アンケート調査の発展型として、消費者を集めて座談会を開くことがあります。もちろんスポンサーが表に出ていれば、よいしょ話しか聞けません。そこで覆面座談会をすることがあります。つまりマジックミラーを介した別室で、企業の担当者が傍観する方法です。

第三者的な調査会社が、まったく関係ない貸し会議室を利用して行います。消費者としては油断が出ます。思わぬ本音を出してくれるでしょう。そこから新しいアイデアが生まれることも稀ではないようです。

■個人でも使えます
貸し会議室と聞けば、公的だったり仕事目的と考えがちです。しかし個人的な利用もできます。趣味のサークルに使うこともあるでしょう。もちろん公民館などの方が値段は安いですね。とはいえ同好の士が全国各地から集まってくるなら、ちょっといい部屋を使いましょう。

■利用者の工夫次第で使えます
貸し会議室のメリットは、目的が限定されないことです。利用者の工夫次第で、どのようにでも活用することができます。自社に閉じこもるより、よいアイデアが出るかもしれません。

新しくて評判の良い貸し会議室なら最新の設備やサービスを利用できます

女子社員をお茶くみ係として使っていませんか。もちろんウェイトレスなど、それが仕事なら別です。とはいえ変なトラブルに巻き込まれたくなければ、貸し会議室を利用してみましょう。設備やサービスが充実していますよ。

■有能な秘書を雇っているのと同じです
会議中のお茶くみは意外に大変かつ重要な仕事です。作法を間違えると、会社のイメージダウンにつながります。本来であれば、新入社員にやらせる作業ではないのです。ベテラン社員こそ、お茶くみに適した人たちです。そこを間違えていませんか。

貸し会議室なら、有能な秘書を雇っているのと同じです。適宜適切に、会議の進行を妨げることなく、かつお客様を待たせないタイミングでお茶を出してくれます。もちろん料金に応じてセルフサービスにすることもできます。ケータリングや出前も頼めます。

■最新のプロジェクターが使えます
自社で会議の設備を揃えるのも大変です。年に一度しか使わないプロジェクターを持っていませんか。減価償却が面倒ですし、そもそもOA機器は一年経つと陳腐化します。それこそ経費の無駄遣いです。貸し会議室なら、最新式のプロジェクターを利用できます。

もう部屋を暗くする必要はありません。メモもしっかりととれますよ。また最近では電子黒板が主流です。ボードに書いたこと、図表もそのままプリントアウトできます。書き間違えによる勘違いや商談の失敗をなくせます。

■ネット環境も充実しています
今の時代です。貸し会議室であってもインターネット接続は当たり前でしょう。また遠隔地との電話会議もできます。そういったニーズのためだけに会議室を借りる方法もあります。

■貸し会議室はベストな選択です
貸し会議室の設備やサービスは充実しています。自社ですべてを揃えるのは資金的にも人材的にも大変です。経費節減と社員の負担を軽減したいなら、会議室を借りるという方法がベストな選択です。

貸し会議室は自社近くから全国どこでも好きな場所を探せます

貸し会議室のメリットは、好きな立地を選べることです。誰と打ち合わせるのか、何をするかによって場所を変えられます。もう自社内のスペースに拘る必要はありません。

■自社の近くで探せます
自社の人たちだけで行う会議なら、もちろん自社の近くがよいですね。また求人に対する面接や試験、新入社員研修も、自社近くの方が何かと便利です。貸し会議室は中小企業だけのものではありません。大手企業が株主総会を開く場合でも自社近くのスペースを使いたいでしょう。

あってはならないですが謝罪会見!準備した部屋のグレードは、意外にも評価されていますよ。

■お客さんの近くで探せます
東京の会社であっても、大阪で説明会や講演会を開きたい。そんな場合には、まさしく貸し会議室の出番です。貸し会議室を扱う会社やウェブサイトであれば、全国の会議室を紹介してくれます。日時、広さ、値段の相談にも乗ってくれます。知らない土地でも安心です。

お客さんにわざわざ来社してもらうのは申し訳ないですね。とはいえ先方に十分な会議スペースがなかったり、予約で埋まっていることもあるでしょう。この時でも、自分から会議室を準備できれば、相手の見る目が変わるかもしれません。

■中立の場所で探せます
仕事の内容によっては、どちらがお客かわからないような状況もあります。ならば中間地で会議をしたい場合もありますね。秘密の会合であれば、両者ともに全く知らない場所で打ち合わせをしたいかもしれません。そんな特殊な状況でも、貸し会議室なら対応できるでしょう。

自社名を隠したいアンケート調査の際にも重宝します。

■どんな場所でも探せます
全国どこでも、どんな場所でもニーズに応じて探せるのが貸し会議室のメリットです。立地を変えれば新しいアイデアが出るかもしれませんし、会社のイメージも変わってくるでしょう。

貸し会議室を使えば固定費や無駄な会議を減らせます

大きな会社であれば、自社ビルを構えて大小様々な会議室を準備できるでしょう。とはいえ中小企業にそんな余裕はありません。それこそ貸し会議室の出番です。

■広いオフィスは賃料が高いですよ
会社経営で問題になるのは固定費を如何にして削減するかでしょう。具体的には、どれくらいの大きさのオフィスを借りるかです。もちろん広い方が社員もゆったりできますし、在庫管理、資料整理などはやりやすいですね。とはいえ広いオフィスは賃料が高くなります。

場所も関係してきます。一等地に借りることができれば、会社の信用度も高まるでしょう。しかし値段が高いですね。どうしてもギリギリのスペースになってしまいます。結果として会議室をカットする状況も稀ではありません。

■会議室こそ減らしたい空間です
会議をどれだけ頻繁にするのでしょうか。業種によっても違うでしょうが、会議室は無駄なスペースの筆頭です。毎日1時間以上使っているのでなければ、空気にお金を払っているだけです。一方で会議室が倉庫になっていませんか。とりあえず会議室に置いておく!そんな社内の習慣になっていないでしょうか。

または単なる休憩所!それならまだ有効に利用されているのかもしれません。しかしそのために借りているのでしょうか。

■会議をコストと考えましょう
社内会議にどれだけの時間を費やしているでしょうか。ただ集まっているだけ、ルーチンになっていないでしょうか。そもそも相応の結果が現れていますか。会議は集中して、ここでも費用対効果を算出すべきです。ならばわかりやすいのは貸し会議室を使うことです。

会議もコストと考えれれば、社員、というより管理職の意識も変わります。

■無駄な会議が減るかも
貸し会議室を使いましょう。無駄なスペースを減らせます。結果的に固定費の削減につながります。会議をするなら部屋をレンタルする!そういう習慣が社内に浸透すれば、無駄な会議が減るかもしれません。