貸し会議室を使えば固定費や無駄な会議を減らせます

大きな会社であれば、自社ビルを構えて大小様々な会議室を準備できるでしょう。とはいえ中小企業にそんな余裕はありません。それこそ貸し会議室の出番です。

■広いオフィスは賃料が高いですよ
会社経営で問題になるのは固定費を如何にして削減するかでしょう。具体的には、どれくらいの大きさのオフィスを借りるかです。もちろん広い方が社員もゆったりできますし、在庫管理、資料整理などはやりやすいですね。とはいえ広いオフィスは賃料が高くなります。

場所も関係してきます。一等地に借りることができれば、会社の信用度も高まるでしょう。しかし値段が高いですね。どうしてもギリギリのスペースになってしまいます。結果として会議室をカットする状況も稀ではありません。

■会議室こそ減らしたい空間です
会議をどれだけ頻繁にするのでしょうか。業種によっても違うでしょうが、会議室は無駄なスペースの筆頭です。毎日1時間以上使っているのでなければ、空気にお金を払っているだけです。一方で会議室が倉庫になっていませんか。とりあえず会議室に置いておく!そんな社内の習慣になっていないでしょうか。

または単なる休憩所!それならまだ有効に利用されているのかもしれません。しかしそのために借りているのでしょうか。

■会議をコストと考えましょう
社内会議にどれだけの時間を費やしているでしょうか。ただ集まっているだけ、ルーチンになっていないでしょうか。そもそも相応の結果が現れていますか。会議は集中して、ここでも費用対効果を算出すべきです。ならばわかりやすいのは貸し会議室を使うことです。

会議もコストと考えれれば、社員、というより管理職の意識も変わります。

■無駄な会議が減るかも
貸し会議室を使いましょう。無駄なスペースを減らせます。結果的に固定費の削減につながります。会議をするなら部屋をレンタルする!そういう習慣が社内に浸透すれば、無駄な会議が減るかもしれません。