貸し会議室に用途は問われないので目的に応じて選べますから是非ご検討ください

貸し会議室とは言いますが、会議をしなくても借りることはできます。法律や会場の規則、社会的通念に反しない限り、基本的に用途は問われません。レンタルオフィス的な利用方法も可能です。

■もちろん会議に使えます
会議室ですから、当然会議に使えます。人数に応じてスペースを選べますし、お茶や軽食も頼めます。コピーサービスを請け負うケースもあります。事前に相談すれば、様々なメリットがありますよ。

■会社説明会に使えます
募集説明会など、一時的に人数が多くなりそうな場面もあります。その時にも貸し会議室は有効です。1時間から24時間、日にちを跨いだ予約もできます。数日かかるセミナーなどでも、荷物をそのまま置いておくことができます。深夜の利用も可能です。

■覆面座談会に使えます
アンケート調査の発展型として、消費者を集めて座談会を開くことがあります。もちろんスポンサーが表に出ていれば、よいしょ話しか聞けません。そこで覆面座談会をすることがあります。つまりマジックミラーを介した別室で、企業の担当者が傍観する方法です。

第三者的な調査会社が、まったく関係ない貸し会議室を利用して行います。消費者としては油断が出ます。思わぬ本音を出してくれるでしょう。そこから新しいアイデアが生まれることも稀ではないようです。

■個人でも使えます
貸し会議室と聞けば、公的だったり仕事目的と考えがちです。しかし個人的な利用もできます。趣味のサークルに使うこともあるでしょう。もちろん公民館などの方が値段は安いですね。とはいえ同好の士が全国各地から集まってくるなら、ちょっといい部屋を使いましょう。

■利用者の工夫次第で使えます
貸し会議室のメリットは、目的が限定されないことです。利用者の工夫次第で、どのようにでも活用することができます。自社に閉じこもるより、よいアイデアが出るかもしれません。